松島の珊瑚の樹

金子瑠美著

プレストン・グラスマン:訳

海岸線では、鉱物の樹がまるで宝石をちりばめた手のように海から立ち上がり、空に向

かって伸びている。さらにその先では、珊瑚の長い枝が波の上で繋がり、鮮やかな赤や青や

緑に螺旋を描いている。

今日は世界がやってくる日だ。窓から見えるのは、カメラを降ろして取材場所を決めな

がら、彼女の到着を待つ報道陣の姿だ。

漁師たちの船が樹の周りに集まり、網やかごを海に投げ入れるのを見ながら、準備をす

る彼女の隣には夫が立っている。わずか3年前、この海にはかつて地域経済を支えた魚や牡

蠣がいなくなり、生態系は崩壊寸前だった。しかし、彼女が開発した塩水電解法と生物工学

に基づくサンゴ礁の建設は、その状況を一変させた。波の下のどこかで、鉄筋や金網のミネ

ラル豊富な陰極にサンゴの破片を固定し、新しい生態系を育てているのだ。

「ミオは誇れるものがたくさんあるね。」とタケシは言う。彼はこの樹やサンゴ礁が、

単なるコンセプト・ドローイングや走り書きのメモに過ぎなかったことを今でも覚えてい

る。しかし、地震や嵐、隣国との戦争に耐え、妻の生涯の夢はサンゴ礁のように大きくなった。

彼女は母にもらった贈り物をポケットから取り出し、指で回しながら「ケイコに見せて

あげたいわ」と言う。それは、ミオの似顔絵を彫った珊瑚のかけらであった。母は自分の体

調が悪くなっていっても、街が元気になるのを見て誇らしげにしていた。「私があなたにあ

げられるのはこれだけなの。」そう言いながら母は娘に珊瑚のかけらを手渡した。「でも、

これには私の愛と夢と希望が詰まっているの。いつか、大切な人に渡してあげてね。」

彼女は最初それが理解できず、絶対に手放さない、ずっと持っているとケイコに言っ

た。しかし、その時彼女は、自分の将来に希望を感じている母の言葉の意味を理解した。

窓の外には、松島海岸の島々の間に色とりどりの珊瑚がモザイクのように広がってい

る。波が樹々にぶつかると、その衝撃のたびに鉄筋網の芯にエネルギーのパルスが伝わり、

サンゴの構造体が波の下で成長し続けるために必要な出力が生み出されるのだ。

「彼女は、君がここで成し遂げたことを誇りに思うだろうね。」とタケシは言う。

「母がいなければ、私はここにいなかったわ。」彼女は、洪水や飢饉、長年にわたって

生き残るために苦労した母の話を思い出しながら言う。彼女が生まれる数カ月前、父と兄は

海に流された。母は家を失い、東京の従姉妹に10年間世話になったが、松島に帰って再起

を図ることだけを願っていた。

ミオも同じように、母の夢を無駄にしたくないという思いに動かされた。そして、母が

誇りに思うであろう、海から立ち上がる自給自足の逞しい都市がここにあった。

鏡に映る自分を見る。うっすらと白髪が混じり、目尻にはシワが寄っている。こんなと

ころにいたのね、ケイコ。と彼女は思う。

タケシは海の向こうを指差して、「ほら、あの家並みをごらんよ」と言う。「よく育っ

ているね。 」

新しくできた家々の長い列が海から顔を出しているのが見える。先日の津波の後、何千

人もの住民がすでにバイオロックの家屋に住んでおり、さらに多くの人が必要としている。

ほんの数年前までは、1キロワット時の電力で0.4~1.5キログラムの成長が可能だったが、

新しいバイオエンジニアリングの手法により、その速度が加速された。今では、牡蠣の殻の

ように波打ち際で成長している。成熟したら海から引き上げ、家のない人々に提供するの

だ。

今、海岸沿いには撮影隊が集まっていて、鉱物を塗った板の上で米などの作物を育てて

いる浮き畑の映像を撮っている。

「彼らが待ってるわ。」と彼女は言う。

彼は「一緒にいるよ。」と言いながら、彼女の手に手を伸ばす。

彼女は母の贈り物を再び指で回す。母の愛、母の夢、母の都市への希望。

「私もあなたと一緒にいるわ。」と彼女は言い、夫の手に珊瑚の破片を置く。

そして、彼女は世界に立ち向かう力を得るのだった。

mm

Author: Rumi Kaneko

Rumi Kaneko has been working in the film and TV industry in Japan for several years. She has written screenplays and a novel called Good Morning Jupiter, which is currently being translated by Preston Grassmann. Her recent translated work has appeared in The Unquiet Dreamer: A Tribute to Harlan Ellison by PS Publishing and Out of the Ruins by Titan.

Leave a Reply

Your email address will not be published.